イスラム国(IS)はどこから来たか?イスラム過激派の系譜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

isil2014年6月、イスラム国(IS)なるテロ組織が急遽、世界の表舞台に現れた。イラクの広大な土地を領土とし、攻勢を強め、付近を制圧し始めたのである。6月10日にイラクの第二の都市モースルを、その後の数日間でティクリートなど北部の主要都市を制圧し、バグダット近郊にまで迫った。

世界は衝撃を受けた。そして今でも手をこまねき、このテロ組織に対して決定的な一打を打てずにいる。戦闘は激しさを増し、常に不安定な情勢だ。難民が流れ出し、こぞって欧州に押し寄せた。ISの抵抗の激しさはこの地に平和がまだまだま訪れないことを物語る。

それどころか、ISは思想を輸出し始めた。アメリカでの銃乱射事件。オーストラリアの人質立てこもり事件。フィリピン、マレーシア、インドネシアでもイスラム過激派組織がISへの忠誠を表明。そして、ベルギーで企画され、フランスで引き起こされた同時多発テロ。今や思想は世界を覆っており、どこでテロが起こってもおかしくない。

東京オリンピックを控える、日本は大丈夫なのだろうか?

ここでは、イスラム過激思想はいかに生まれたか? わかりやすい言葉で説明する。


スポンサーリンク

イスラム過激派の唱える「堕落した社会」とは?

もともとイスラム教は1400年前に存在した預言者ムハンマドが開いた教えである。それ以前のアラブはアラビア社会と呼ばれる専制社会であり、部族社会であった。これら部族長の偶像を崇拝し、物質的な富を重視する社会だった。預言者ムハンマドはこの社会を「堕落した社会」と断じ、「ジャーヒリーヤ」と表現して真っ向から否定した。

イスラム原理主義は革命思想

イスラム原理主義は、世界を「イスラムの家」「戦争の家」の2つにわけ、「イスラムの家」を防衛するための戦い(ジハード)は世界中のイスラム教徒の義務であるとする思想である。彼らにしてみれば「イスラムの家」とはシャリーア(イスラム法)に忠実な宗教国家を指す。

「戦争の家」とはそれ以外の国。アメリカ、日本、中国、ロシア、欧州はもちろん、エジプトやトルコなどある程度政教分離を成し遂げているイスラム教国も含まれている。これら「戦争の家」の攻勢から「イスラムの家」の身を守るために率先して「戦争の家」を滅ぼすべしとする思想である。

思想家、サイイド・クトゥブ

Sayyid-Qutb

イスラム思想の間では、《ジャーヒリーヤ》は長らく滅亡したものと解釈されていた。しかし、第二次大戦後現れたサイイド・クトゥブという思想家が、ジャーヒリーヤはまさに現存していると訴えたのである。

クトゥブは1906年、エジプトに生まれ、厳格なイスラム教徒として育った。そして後に西洋型教育を受け、アメリカに留学した。そこでクトゥプはアメリカの倫理的、性的な崩壊に目を奪われ、激しく憎むようになった。エジプトに帰国し、過激原理主義組織「ムスリム同胞団」に加入、組織のイデオローグとして急速に台頭した。

彼が唱えた理論、「ジャーヒリーヤ論」とは、当時の専制者、ナセル大統領の支配するエジプトは、「イスラムの家」ではなく「戦争の家」、イスラム社会ではなく、アラビア社会である、とし、預言者ムハンマドの憎んだ《ジャーヒリーヤ》そのものであると断罪し、全イスラム教徒はこれを打倒するべくジハードに立ち上がるのが義務であるとする危険な考え方であった。

この思想はエジプト全土に衝撃をもたらした。エジプトがイスラム社会なのか、アラビア社会なのか判定することを迫られたからだ。もし、クトゥブのいうとおり、アラビア社会であるなら、国民はジハードのために決起しなければならなくなる。

ナセルはクトゥブの思想を危険視した。実際、ムスリム同胞団はナセル暗殺を幾度も試みたため大弾圧を受けた。ナセル政権はクトゥブを投獄した末処刑した。クトゥブは「殉教者」として神格化された。

《ジハード》の再定義

クトゥブはジハードに対して再定義を呼びかけた。ジハードはもともと「精神鍛錬」と「敵に対する攻撃」という2つの意味があるが、普通前者を指すものであった。しかし、クトゥプは後者を重視し、エジプト社会打倒のためのジハードを行うべきだとしたのである。現在存在する過激原理主義組織は思想の原点をクトゥプに求め、テロ攻撃を繰り返しているのである。

 カリフ制度とソ連軍のアフガニスタン侵攻

カリフ制度とは預言者ムハンマドの支配するイスラム社会において、ムハンマドの後継者がイスラム社会を統治するべきであるという思想である。預言者ムハンマドには男の子供がいなかったため、妻の父であったアブー・バクルがカリフとなった。しかし、もう一人のカリフ候補が存在し、それは預言者の娘婿であったアリーである。彼は敬虔で最も早くイスラム教徒になったひとりであったため、彼を担ぎ上げる人々も少なくなかった。このようにイスラム勢力は二分され、後にスンニ派(バクルを支持する一派)、シーア派(アリーを支持する一派)と呼ばれるようになった。

ソ連に勝ったという自負

1979年ソ連軍がアフガニスタンを侵攻、共産主義傀儡国家を樹立した。これに対し、イスラム社会は憤怒し、多数の義勇兵がアフガニスタンに駆けつけ戦った。この中にはイスラム過激原理主義組織も多数存在し、オサマ・ビン・ラーディンもいた。

10年の長きにわたるゲリラ戦の結果、侵攻ソ連軍は撤退し、その直後にソ連邦は崩壊してしまった。その後、完全にイスラム化されたタリバンが政権を握り、タリバン指導者ムハンマド・オマルは自らをカリフとして君臨した。過激原理主義組織はアフガニスタンを純粋な神の国としてここを拠点とし、厳格なイスラム化を人民に強要した。彼らは超大国であったソ連に勝利し、崩壊させたとまで思っており、アメリカにだって勝てる自信を持っているのである。

過激派の国際化

アフガニスタンに義勇兵として参加した過激組織は、ソ連に勝利した後いくつかの分派に別れた。その中で、更なる闘争を求めた分派があり、ビン・ラーデインはその代表的人物である。

彼らはボスニア紛争、コソヴォ紛争、スーダン内戦、パキスタンやエジプトなどでも、神の国を増やすための工作活動・破壊活動を行った。

原理主義勢力と各国の治安部隊はことあるごとに衝突、全世界で多数の死傷者が頻発した。エジプトのナセルの後継者であったサダト大統領もエジプトの原理主義勢力によって暗殺、1997年にはルクソール事件として有名なエジプトの観光地ルクソールで原理主義組織が子供を含む観光客58名を残虐の限りを尽くして虐殺。日本人も新婚カップルを含む数名が犠牲になった。

「原理主義のトロツキー」、ビン・ラーディン

Latest_portrait_of_Osama_bin_Laden-2

ビンラーディンはイスラム過激派におけるトロツキーそのものである。彼はイスラム社会樹立を母国サウジアラビアで唱えたことは一度もない。彼の目線は常にグローバルなものだった。

彼はサウジアラビアの資本家の17番目の子供として生を受け、父が死ぬと同時に数億ドルとも言われる遺産を受け継いだ。こうしてビンラーディンは数々の事業を起こし、その利益でイスラム過激派の援助をしている。1979年にはアフガニスタンで侵攻ソ連軍と自らが銃を持って戦っている。彼はイスラム革命全世界波及を目指す国際派の急先鋒なのである。

彼はアフガニスタンに潜伏し、テロを資金的、物質的に援助し続けた。アメリカはナイロビとダルエスサラームの米大使館が同時に爆破され数百名が死傷する事件が起こると、この首謀者をビンラーディンと断定、アフガニスタンの原理主義軍事教練キャンプに79発の巡航ミサイルを撃ち込み暗殺を企てたが失敗した。アメリカ連邦捜査局(FBI)はビンラーディンの首に懸賞金500万ドルを懸けた。

ビンラーディンは自らの組織である「カイーダ(基地)」を編成し、全てのイスラム教徒を統一し、カリフに従う国家を樹立することを目指している。

ビンラーディンはアフガニスタンでソ連に勝利すると一時サウジアラビアに帰国する。するとサウジアラビア当局はビンラーディンの国外出国を禁じた。南イエメンの社会主義政権に対するジハードを企てたからとされる。彼はサウジで説教活動などで新たな場を見出した。ここで彼は、イラクの独裁者サダム・フセインがクウェートに侵攻すると警鐘を鳴らし続けてきた。サウジの王族にも同様の手紙を書いて警戒を呼びかけた。イラク軍が戦車数百輌を率いてクウェートに侵攻したのはその数週間後だったとされる。

ビンラーディンはイラク軍の侵略に憤慨した。世俗主義のサダムフセインはイスラム過激派からは不信人者として憎まれていた。彼も過激派にとってはジャーヒリーヤの支配者だったのである。

ビンラーディンはサウジアラビアのファハド国王にイラク軍撃退のための義勇兵を動員する用意があると申し出た。しかしサウジアラビアはビンラーディンよりもアメリカを中心とした多国籍軍を受け入れた。自分たちよりもキリスト教、ユダヤ教中心の軍隊をイスラムの聖地であるアラビア半島に受け入れたのである。彼は後に「自分の人生で最も衝撃的な瞬間だった」と述べ、サウジアラビア政府も彼にとって敵になった。

彼は1992年にひそかにサウジアラビアを出国し、スーダンの原理主義組織を支援した。1996年にはサウジアラビア当局やアメリカの手の届かない聖地アフガニスタンに戻った。そしてそこからサウジアラビアに駐留していた米軍に対し、あらゆる場面で殺害するよう呼びかけた。これは後に「ジハード宣言」と呼ばれた。

こうして過激組織が集結して一つの巨大な集団「世界イスラム戦線」を組織、はじめて国境をまたにかけた強大な国際組織が生まれた。彼らは湾岸戦争後もサウジに駐留する5000名の米軍を指して無辜のイスラム教徒が危険にさらされていると訴え、これを「あらゆる場所であらゆる時に殺害して財産を奪うことは全てのムスリムの個人的義務だ」と呼びかけた。もはやテロの標的は米軍兵士だけではなく、あらゆる民間人も含むアメリカ人となった。

アメリカの対テロ戦争によってタリバンが崩壊すると、ビンラーディンの足取りも不明となった。たびたび死亡説も流れたが、確証はなかった。2010年にビンラーディンがパキスタンの家屋で「快適に」暮らしているとの情報が流れた。2011年にはこの情報に基づき米軍による暗殺作戦が決行され、ビンラーディンは殺害されたと世界中が報じた。

アルカイダ内の急進派ザルカウィとは何者か?

04-terrorist_low アル・ザルカウィはアメリカに祭り上げられた「スーパーテロリスト」である。アメリカはビンラーディンの所在を見失ったので、新たな目に見える敵を必要としたのだ。

しかし、ザルカウィ自身は、アルカイダの中では異端派であった。もともとヨルダンの貧しい出自のこの男は、ヨルダン政府に強い敵意を持っていた。ビンラーディンが唱えるように、アメリカなどの遠い敵にはあまり興味がなかった。ザルカウィはもっと身近な敵と戦うために、テロを繰り返していた。

ザルカウィが有名になったのは、単に彼の残虐性である。カメラの前で人質に反省の弁を述べさせて身代金を要求し、聞き入れられない場合は生きたまま首を切り落とし、その映像を世界中に配信したのだ。

アメリカ政府のお墨付きと首切り動画で一躍有名となったザルカウィに、世界中の反米国家から資金が流れ込み始めた。ザルカウィは当初、イスラム国(IS)の母体となる組織「イラクのイスラム国(ISI)」を率いていたが、ある時点でビンラーディンに従う形で「イラクのアルカイダ」と名を変えて、アルカイダ系の組織の傘下に入った。

ザルカウィの野望は、混乱の最中にあるイラク領内に自らの国家を設立することであった。アルカイダはほとんど領土的野心は持っていなかったが、彼の目線は変わることなく、もっと身近なものであった。混乱を更に拡大させるため、シーア派にたびたび自爆攻撃をかけ、宗派間対立を煽った。

しかし、2006年、アメリカの空爆によってザルカウィはあっさりと死んでしまう。ザルカウィを失った「イラクのアルカイダ」は活動停止を余儀なくされたが、後継者として現れたのがアル・バグダディだった。

バグダディのもとで再度結集したIS

140702340555035557228バグダディはもともとイラクの神学者である。しかし、経歴には謎が多く、元バアス党員(旧フセイン政権のアラブ民族主義政党)説や、聖職者説がある。2004年にはアメリカに対する抵抗運動を組織した罪で、米軍の刑務所へ5年間も収容された。皮肉にもそこで現在のISの主要メンバーとの人脈を築いたとされている。

2004年にはかのテロ組織は、バグダディのもとで、再度名称を「イラクのイスラム国(ISI)」と変更。2013年にはシリアとレバノンのアルカイダ系下部組織「ヌスラ戦線」の一部と合流。「イラクとシリアのイスラム国(ISIS)」を名乗る。

ISISはザルカウィが好んだ首切り動画の撮影や、コーランを独自に解釈した過激すぎる規範を民に強要し、各地で残虐行為を繰り返していた。バグダディは組織を巨大化するためにシリアの内戦に干渉していたのだが、アルカイダはこれに反発し絶縁を表明する。

そして、2014年6月、ISは本格的な軍事侵攻を開始。イラクとシリアをまたにかけた戦争を続けている。ISはイスラム教スンニ派の住民や、元フセイン政権の軍人やバアス党員を吸収し、プロパガンダを積極的に行って世界中からテロリストのリクルート活動を行っている。目的は、ザルカウィと同じく領土である。独自の牙城と強力なアーミーを手中にし、国民にイスラム法の遵守を強制し、徴税し、資金をため込んでまた戦争に没頭して領土を拡大すること。そしてバグダッドを中心としたカリフ制国家を再興することである。


戦争はまだ続いている。

この組織がいつ、いかにして滅びるか、まだ見通しは立っていない。

世界の混乱はまだまだ続きそうだ。東京オリンピックは大丈夫なのだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする