【差別の歴史】優生学とは何か?【生命の選別】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

我々は、障害者、精神病者、犯罪者、社会不適合者、貧困層、人種的マイノリティー、を排除し、「望ましい生命」を活かし生かし、増やそうとし、「価値なき生命」を拒絶し断種し追放しようとしてきた。

これは現在でも同様である。出生前診断、犯罪者への断種措置、精神病者への隔離措置、人種差別、私生児・障害児の中絶、安楽死の容認……

優生学はかつて、人類を品種改良し、理想社会を築くための夢の学問と考えられた。

しかし、優生学は途方もない暴力と絶滅を是認するものだった。我々はいまなお存在する「生命の選別装置」と、どう向き合えば良いのだろうか?

スポンサーリンク

優生学の起源・社会ダーウィニズム

優生学(eugenics)という言葉が最初に使われたのは1883年である。

キリスト教世界では、人間や動物の存在は、創造主(神)が存在する有力な物証だと思われていたが、1859年にダーウィン「種の起源」が発表されてから、キリスト教的価値観は大打撃を受ける。

1880年以降は、そこにぽっかりと空いた価値観の空隙を埋める作業が行われ、唯物論や自然主義、一元論などが発達して行く。

ダーウィンの考えは、あくまで動物の進化論に向けられたものであったが、これを人間やその社会にまで応用しようという動きが活発化する。これを社会ダーウィニズムという。

社会ダーウィニズムは、宗教的迷妄に飽き飽きした人々の心をつかみ、合理的で新しい、根拠に基づいた生活規範を築いてくれるものと期待された。

漠然と人々の心に、人間の心身の特徴はほぼ遺伝によって生物学的に決まるのであり、環境や教育の成果はほとんどない、という考えが浸透して行き、それを前提に様々な学派が産まれた。

その結果たどり着いたのが、人体測定学である。当時の欧米列強はアジアやアフリカにたくさんの植民地を持っており、原住民の毛髪や肌の色、頭蓋骨を集めて頭蓋容量(脳の大きさ)を調べたりして、人間の優劣を科学的に証明しようという動きが活発化する。

ダーウィン以降になると、顔面角の立ち上がりが進化の基準と見なされるようになり、それぞれの人種の知能発達を示す科学的根拠と見なされた。この考え方はナチスに採用され、第二次大戦終了時まで、ナチスだけでなく世界で常識として受け入れられていた。アジア人やアフリカ人を劣った人種と見るのは、白人社会ではごく当然のことであり、激しい人種差別の時代であった。

顔面角

普通は,前頭鼻骨縫合中央点と上顎歯槽前下縁中央点とを結んだ直線が,眼窩下縁と外耳孔上縁を結ぶ耳眼水平面となす角のことで,全側面角ともいう。口吻部の突出度合を表わす。 70.0度未満を過突顎 (ゴリラ 55度) ,70.0~79.9度を突顎 (オーストラリア先住民 76.8度,黒人 78.3度) ,80.0~84.9度を中顎 (中国人 83.0度) ,85.0~92.9度を正顎 (日本人 85.1度,南ドイツ人 88.0度) ,93.0度以上を過正顎と分類される。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イギリスの場合

19世紀後半、イギリスでは精神障害というものが大きな問題としてスポットを浴びるようになった。初等科教育が義務化されるに伴い、超極貧層の子供たちが学校に来るようになったが、彼らの多くは精神や神経の病を抱えており、勉強について来れなかったのである。その数は実に全児童の5分の1にも及んだ。

この時代、精神障害は遺伝によるものだと漠然と信じられていて、精神障害の区分や定義について大規模な調査が行われた。特に注目を浴びたのが精神障害の女性の性生活についてであり、彼女たちは一般女性よりも多産であると信じられていた。

こうして1913年に精神病法がイギリスで成立した。これらの法は隔離政策であり、精神障害者および重度の知的障害者は、大規模施設やコロニーといった地域社会から離れた施設に収容されることになった。

しかし、イギリスでは、優生学が植民地政策に組み込まれることはほとんどなかった。

アメリカの場合

断種

優生学には、良い遺伝子を増やそうという積極的優生学と、劣った遺伝子を減らそうという消極的優生学がある。しかし、実際に行われたのはもっぱら消極的優生学であった。その代表が断種である。男性では輸精管、女性では輸卵管を縛ったり除去する方法がとられた。

アメリカでは1897年のシカゴの聖マリー病院の断種手術が最初であった。1902年、インディアナ州の少年院で、犯罪者に対して断種手術が行われたが、これは犯罪者や精神障害者が増えている、という報告を引き合いに出して行われたものだった。

その後、インディアナ州ほか、32州で断種法が成立。施設内の精神障害者の断種が法的に認められた。同法は、精神障害や犯罪を遺伝の産物とみなし、州施設の医師が委員会を設置して断種の適否を決めるという形をとっていた。

カリフォルニア州でも、似たような法律が制定されたが、収監中の犯罪者をメインターゲットとしたことが特異であった。それは梅毒患者などの性病患者にも及び、強姦罪などの罰則にも用いられた。手術件数もずば抜けて多かった。1921年までの全米での断種件数は3233件であったが、そのうち2558件がカリフォルニア州で行われた手術だった。

33年のナチスの断種法は、カリフォルニア州の「実績」を念頭に作られたものだった。

移民制限

アメリカが行ったもう一つの強力な優生政策は移民の制限であった。

1924年に議会を通過した絶対移民制限法は、欧州人種の間に人種的な優劣があることを前提にした差別的な法律であった。

これは、アメリカを建国したのはアングロ・サクソンであり、人種としてアングロ・サクソンが最も優秀であるとする人種観が根強く影響していた。

1916年に出版された『偉大な人種の消滅』では、「北欧人種の血の濃さが、戦争での強さと文明存立のための尺度である」と述べられ、多くの読者を獲得した。

この時代に大衆の人気を集めたT・ルーズベルトは、白人種の出生率の少なさを憂い、公然と黄禍論を唱えた。アメリカ南北戦争では北部連合が勝利したはずだったが、1913年の時点でも、32州で黒人と白人の結婚と性交渉は法律で禁じられていた。

上記のような、人種の優劣や精神障害や犯罪の遺伝説に科学的な外装を与えたのが、この時代に整備されたIQ検査であった。これは、フランスの心理学者A・ビネーが、1904年に落ちこぼれ児童を同定するための客観的方法として開発した検査である。ビネーはこのIQ検査が、排除の理論に悪用されることを危惧していたというが、アメリカでまさにその心配が現実になったのである。

ビネー・テストはアメリカに翻訳されて導入された。知能は、人間の行動すべてにかかわるもので、犯罪も知能の遅れもIQが低いから起こると解釈された。

アメリカ政府は、移民がまず上陸するエリス島で試験的にIQ検査を導入し、ほとんどの移民が12歳以下の知的障害の範疇に入ることに仰天した。その後、ビネー・テストは移民向けに改良がくわえられ、現在のIQ検査の元となった。

また、第一次大戦中には従軍兵士に大々的にIQ検査が行われたが、アメリカに来て間もない者ほど成績が悪いと解釈された。

1920年代には、精神病院やサナトリウムの大規模調査が行われ、患者の人種的構成比率が調べられた。これは差別的な人種観を強化する結果に終わった。北欧人種よりも、その他の国の移民の方が、理論値よりもずっと多かったのである。

これらの結果「劣った人種は病気になりやすい」「犯罪を犯す」と解釈されることになった。

このような背景で成立した絶対移民制限法により、1890年時点のアメリカ国民の2パーセント以下に移民を制限することになった。この法律で、事実上、東欧、南欧の移民は不可能になり、中国人や日本人も排除されることになった。この移民制限法は、アメリカを建国したWASP(白人、アングロ・サクソン、清教徒)以外は拒否します、と言っているのと同じだった。1965年の移民国籍法まで、アメリカにはこのような人種差別的な性格がずっと存在し続けた。

ドイツの場合

19世紀後半に、ダーウィンの主張を社会に当てはめようとしたのはドイツも同じであった。彼らの論理では、肉体的に屈強な者ほど厳しい労働や過酷な戦争に晒され、貧困に苦しみ、兵役検査に落ちるような虚弱な者ほど銃後で安全に暮らし、子孫を残している、と考えられた。

また、医学の発展や公衆衛生の進歩は、本来なら生き延びられなかったような虚弱な個体に生存と繁殖の機会を与え、優秀で体の強い個体の繁殖の機会を奪っていると考えられた。

これはナチズムの時代においても変わらず存在した考え方で、強制収容所の囚人が銃後で安全に暮らすことを許さず、致死的な医学実験の材料にしようとした人々がいた。詳しくは下記。

ドイツにおいては優生学はワイマール共和国やそれ以前から存在した。第一次大戦中には精神病院の7万人の患者が餓死させられた。これは優生学や、「低価値者」や「人間の抜け殻」に対する過激な処置が、ナチの専売特許ではないことを示している(もっとも、この飢餓の大元の理由は英軍の海上封鎖が原因であるが、限りある食糧を分け与える際に選別されるのは、多くの場合戦争に役立つ人間であった)。「低価値者」や「人間の抜け殻」を世話するために、未来有望な若者たちが足を取られ、大量の税金が投入されることに怒りを燃やす人々が存在したのである。

本来優生学は、混血を奨励し、反ユダヤ主義を非合理的なものとして批判していた。

しかし、1933年にヒトラーが政権を獲得すると、優生学は過激化し、同年7月にはドイツ初の断種法「遺伝病子孫予防法」が成立。本人の合意なしに強制的に不妊手術を実施できるようになった。

1939年には、総統命令により障害者抹殺計画「T4作戦」が開始された。これはナチスの優生政策がたどり着いた最終到達点であった。精神病者や精神遅滞児などの心身障害者は、人知れず殺戮センターに移送され、一酸化炭素ガスによって窒息死させられた。これは「安楽死」などと呼べる殺し方ではない。犠牲者は10万とも20万人とも言われる。

eug

障害者を排除することを煽るプロパガンダポスター

戦後は、ナチズムへの批判から優生学は諫められたが、ホロコースト同様に断罪された、とまでは言い難い。また、ベルリンでソ連兵による強姦被害にあった50万人の女性の堕胎手術は認めざるを得ず、その後も社会の中でひっそりと生き残った。

日本の場合

戦時中、日本はナチスやアメリカの優生学を取り入れて「民族優生法」「国民優生法」を制定し、各種精神病や籟病(ハンセン氏病)、性病、脚気やがん、結核などが排除の対象となった。

しかし、当時の日本は戦争の時代であり、産めよ増やせよが奨励されていたこともあり、根拠の曖昧な遺伝学的理由に基づく断種や中絶に反対する者も多かった。また、天皇を中心とした家族国家主義の理念にも反するものがあり、中絶や断種の実行には様々な制約が課せられていた。どちらかといえば、中絶を監視し、制限する法律として機能していたのである。

ナチスドイツを反面教師として、優生学は戦後社会で諫められてきたが、日本では再び「優生保護法」が1948年に制定され、1996年まで施行されていた。

優生保護法は世界に先駆けて中絶手術を合法化した。この法律の第1条には、

優生上の見地から、不良な子孫の出生を予防するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする

とある。公式統計によれば、優生保護法の施行の間に、強制断種手術は16500件実施された。また日本的な建前でよく見られるように、形式的には同意に基づいていても、実際は強制に近いケースで中絶や断種、隔離が行われていた(ハンセン氏病を例に挙げるまでもなく)。その数は公式統計で845000件である。方法は精管や卵管の結紮や切除に加え、子宮の全摘出手術も行われてきた。

ピークは50~60年代であるが、80年代にも140件の断種手術が行われている。

70年代以降、優生保護法は障害者差別の具現化であるとして批判された。

現在は「母体保護法」と名を変え、強姦被害や母体保護目的でやむを得ず、という場合にのみ、同意に基づいて中絶手術が認められている。

優生保護法の現場の実態は謎に包まれている。政府が「当時は合法であった」ことを理由に実態調査をしないからである。どのような人権侵害が行われてきたのか、反省と総括を欠いたまま、日本はポスト優生主義の時代に乗り出してしまったと言える。

「福祉国家」と呼ばれる国々でも…

スウェーデンでは断種法の名の下に、60000件以上の断種手術が行われた。

デンマークでは、ナチスドイツよりも先に、障害者の婚姻に法務大臣の許可が必要との法律を制定した。

フランスではナチ傀儡ヴィシー政権下で結婚前の遺伝病検査を義務化し、遺伝病が見つかった場合に夫婦に子供をつくることをためらわせようとした。これはナチ崩壊後のフランス新政権でも継続され、今でも形を少し変えただけで継続されている。

現代の優生学

現在は先天性障害を持つ子供が生まれないようにする手段として、不妊手術よりも出生前診断による中絶の選択が主となっている。日本では明確な規制がなく、「経済的理由」を拡大解釈することで、いかなる子供でも中絶できる。

また、医学の進歩により、着床前診断技術や、胎児細胞の遺伝子診断など、出生前診断の技術は急速に拡大し「命の選択」が野放図に行われる時代に突入した。

95年には中国で「母子保健法」が制定された、そこでは遺伝病、精神病、感染症を持つ夫婦は断種手術を受けるか、長期の避妊をしなければ結婚を許可されない、とあり、欧米や日本が優生学から強制性を排除しようとする中、時代に逆行するような法律であり、諸外国からバッシングを受けた。中国政府は政治的な中国叩きと受け取り、なぜ叩かれるのかわからなかった、というエピソードがある。

中国の例に見るように、優生学はいつ逆行するかわからない。いつまたナチスに逆戻りするかなど、誰にもわからない。

優生学の功罪

性犯罪の常習者に対する断種に貴方は反対だろうか、賛成だろうか。

強姦被害を受けて妊娠した女性の中絶をあなたは反対するだろうか、賛成だろうか。

出生前診断で、腹の中の子供がダウン症であるとわかった場合、あなたはどうするだろうか。

未婚で妊娠し、自分に育てる能力がないことが明らかに思える場合、あなたはその子を産むだろうか。

優生学はしばしばナチと結びつけられて論じられ、極右の学問と誤解されるのだがそれは違う。

社会ダーウィニストたちの唱える優生学は、むしろ多様な遺伝子を取り込むことに賛成し、混血を奨励していた。しかし、アメリカやナチスドイツによって人種の優劣と優生学が歪に結びつけられ、異人種排除の論理に利用され始めた。

そして、生命を選別し、中絶を自由に行うことができるために、我が国は犯罪が少なく、同時に子供が少ない。チャウシェスク時代のルーマニアに見るように、中絶を禁止すれば子供は激増するが犯罪も増加するのである。

また、女性の解放と共に高齢出産が当たり前な世の中になってきたが、高齢出産は障害のある児童を産むリスクを劇的に高める。出生前診断をやめれば、高い教育を受けて第一線で働いてきた男女が、その子の世話に明け暮れるだけで人生を終えることになる。(無論、このような損得の感情はナチズムの時代に見られたそれとまったく同じものである)

断罪されたナチと異なり、我々は優生学とはまだまだ付き合っていかねばならない。生命倫理に確たる答えもないまま、我々は自分で最良の選択をしなければならないのである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする