【音楽と極右】NSブラックメタル ベスト10!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

このページを見る前にまずはこちらのページを参照してほしい。

NSブラックメタルバンドを確定することは案外難しい。

というのも、NSというのはナチ思想・極右思想、民族主義、愛国主義を総称する言葉として便宜的に使用されているだけであるし、バンドマンがどう考えているか、とう思想の話であって音楽にはあんまり関係がない。

しかも、NS思想をヨーロッパにおいて公言することは大層リスクが大きい。それはCDのセールスに大きく影響するからである。

プリミティブブラックメタルの大御所、「DARKTHRONE」は、CDのジャケットに反ユダヤ主義的主張を書いたためにボイコットを受け、謝罪文を掲載した。

このように、本当に極右思想を持っているのに内緒にしているバンドや、本当は政治に興味なんかないのに悪ぶって「ハイルヒトラー」などと言っちゃっているバンドがいると思われるのだが、ここでは一般的に「NSとみなされているバンド」「どう見てもNSに見えるバンド」を混ぜこぜにして紹介してしまいたい。

あと、思想の話は前回したので、今回は純粋に音楽としての価値について言及したいと思う。思想を抜きにして楽しんでいってほしい(笑)。動画があるものについては一緒に紹介したい。セレクションはワタシの趣味であることを最初にお断りしたい(笑)。


ABSURD

東ドイツ出身のメンバーによる最も古いNSバンドの一つだ。音楽はブラックメタルの中ではかなり特殊で、Oi!パンクをかなり取り入れたスタイルで、ちょっと聞いただけではこれがメタルだとはだれも思わないだろう。

まぁブラックメタルらしいアレコレがこれに全くないというわけではないが、これはパンクである。と言いつつ曲名をみてると、”werewolf’”だの”eternal winter”だの”deep dark forest”だのブラックメタル然としている。歌詞も反キリストっぽいところもある。

サウンドはへっぽこで演奏も大したことしてないし地下くさくて生っぽくて、でも目の前で演奏されてるような異様な迫力を持つサウンドでかなり中毒性高し!興味がある人は聴いてみてね。

と言いつつ、このバンド、最近は勇壮なバイキングメタル風のメロディアスな楽曲をやっている。これはこれでまあまあ良いが、初期のほうが個性的でオススメ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする