感動しない!涙も出ない!茫然自失の裏ホロコースト映画7選!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

家族愛、同胞愛、感動、涙、愛国心……

ホロコースト映画が安易に逃げ込むこれらのファクターを全部排除した、思わずひるむ暗すぎるホロコースト映画をご紹介します。


謀議/Conspiracy(2001)

conspiracy
ナチス秘密警察の総本山《国家保安本部(RSHA)》長官ラインハルト・ハイドリヒが主催した、「ヴァンゼー会議」。ナチスドイツの各省庁の実力者が一斉に招かれ、ユダヤ人を絶滅させるという方針をはじめてつまびらかにし、いかにしてそれを成し遂げるか、意思の調整が行われた。

この会議の直後、ナチスの支配領域、主にポーランド、ウクライナ、ベラルーシ、バルト三国など東欧を中心に、ユダヤ人ゲットーの解体と絶滅収容所への移送が空前の規模で開始されるのであった。

この映画は、そのヴァンゼー会議の模様を演じたお芝居を延々と見せられるだけの映画なのだが、本当に狂った世界だ。ハイドリヒの右腕だったアドルフ・アイヒマンが議事録の書記を手がけ、「絶滅」や「殺害」などの言葉を、「移住」「再定住」などのマイルドな言葉に書き換えていたらしい。この映画ではそれら「率直な表現」をキッチリ聞くことができる。

ユダヤ人の絶滅政策は、まさしく国策だった。憎悪や偏見を国家が保証していたのである。その異常にして非現実的な世界の一端を垣間見ることができる、とても不気味な映画だ。

謀議


アウシュビッツ行 最終列車/Der lezte zug(2006)

der lezte zug

ドイツ国内に住まうユダヤ人は、政財界に強い影響力を持つ者も多く、彼ら特権階級のユダヤ人たちの、アウシュビッツへの移送が本格化したのはわりとあとのほうである。この映画は1943年4月ごろのドイツ国内からドラマが始まる。ユダヤ人の家に、この日を待ちわびたと言わんばかりにゲシュタポが踏み込み、金持ちのユダヤ人たちを一斉検挙。汚い貨車に詰め込んでピストン輸送してしまう。

家畜用貨車に詰め込まれるだけ人間を詰め込み、バケツが二つ置いてあるだけ。一つは飲料水が。一つは排便排尿用である。

喉の渇きと急速に悪化する衛生環境の中で、数時間にも渡って耐え忍ぶユダヤ人たち。東部のわけわかんない国にたどり着くころには絶望と共にこう悟る。「ああ、もう自分たちは殺されるんだ」と。

映画は汽車の内部を写すのみのしんどい映像が目白押し。観ていて辛い。汽車の警備に親衛隊(SS)が常に目を光らせているのだが、わけわかんない理由できまぐれにユダヤ人を公開処刑にしたり、虐待を加えたりする。それも心底楽しそうに。

SSといっても、列車の警備なんてしょっぱい仕事はウクライナ傭兵の仕事である。彼らは「悪魔」と形容されるほどの残虐性で、嬉々としてユダヤ人を処刑しまくる。歌を歌いながら楽しげに、鮨詰めの車内に短機関銃を乱射したり、とにかく異常に残忍。その途方もない憎悪の苛烈さに思わず茫然としてしまう……。

ユダヤ人たちは脱走未遂を起こすが、ことごとく失敗。アウシュビッツにたどり着くと、そこには何の意外性もドラマもない、死ぬだけの現実が待っていた……。

アウシュビッツ行 最終列車


ナチスの犬/Suskind(2012)

susukind
オランダにおいてユダヤ人がいかに絶滅収容所へ移送されていったかを描いた映画だが、主人公はヴァルター・ススキンドというユダヤ人対独協力者と、ナチス親衛隊保安諜報部(SD)のオランダ地区司令官フュンフテンSS大尉の二人。

二人は正反対の立場ながら、心を通わせる。というのも、二人ともこんな仕事、本当は嫌で仕方がないからである。罪もない女や子供を無理やり家畜用貨車に乗せて絶滅収容所へ送るなんて仕事は、誰だってやりたくない。

ススキンドは家族を人質に取られてるから協力するしかないし、フュンフテンはSD司令官という立場上、上の命令に背くことは死を意味する。罪悪感に苦しみながらも、彼らは完璧に仕事をこなす、かと思われたが……

実は、ススキンドはフュンフテンに従うふりをしながら、ユダヤ人の救助活動やサボタージュを秘密裏に行っていたのである。フュンフテンはススキンドをすっかり信用していたので、この裏切り行為に激怒。ススキンドを絶滅収容所へ送ってしまう。

ナチスドイツの巨大な官僚機構の前に、加害者にならざるを得なかった二人の姿を描いた映画だ。命の危険さえ顧みず同胞を助けようとしたススキンドと、冷酷な親衛隊員としての職務をまっとうしたフュンフテン。二人は似ているが対称的でもある。

ナチ政権は、本来善良な人間を容赦なく殺戮者へと変えてしまうのだ。

ナチスの犬


炎628/Иди и смотри(1985)

come and see

ホロコーストの初期段階は、民衆によるリンチである。ナチ支配下の東欧の国々では、ドイツ軍の到着と共に民衆によるユダヤ人へのリンチ(ポグロム)が始まった。

そして、次に始まったのがドイツ当局による大量の銃殺である。ナチ親衛隊には対ユダヤ人作戦が専門の特殊部隊(アインザッツグルッペン)があった。

ホロコーストとは、絶滅収容所によってガス殺されることだけを意味するのではない。銃殺は大戦期間中ずっと行われていた処刑法だった。特に駅から離れた田舎に住まうユダヤ人は、鉄道での輸送よりも銃殺が安上がりであった。

この映画は、1943年のベラルーシが舞台。ベラルーシの民は大戦中、独ソ双方からの壮絶な暴力に晒され、人口の4分の1から3分の1が死亡した。ドイツにつけばソ連パルチザンに粛清され、ソ連パルチザンに協力すればSSに村ごと滅ぼされた。この時代ベラルーシで生き延びる難易度はベリーハードだった。

そしてこの時代、ユダヤ人とパルチザンと共産主義者がほぼ同一視されていたことも重要である。全部一緒くたにされて皆殺しにされていた。女も子供もである。

後半、ナチ親衛隊の特殊部隊が村を焼き払う様子をアリーナで眺めることができる。その殺戮の様子は容赦なく、異常にリアリスティックで神経にこたえる。観賞要注意の映画だ。

炎628


灰の記憶/The grey zone(2001)

grey zone

アメリカのホロコースト映画だが、ほかのホロコースト映画に比べ、残虐性が頭二つぐらい飛び抜けている。観賞要注意だ。

おそらく、アウシュビッツのユダヤ人雑用班「ゾンダーコマンド」にスポットを当てた最初の映画と思われる。

ドイツ人は、銃殺の際の穴掘り、死体の片付け、汚れ役、雑用など自分がやりたくない仕事を、ユダヤ人や下等人種扱いだったスラブ人にやらせていた。トレブリンカには便所の見張り役として「シャイセ(うんこ)コマンド」というのがいたそうである。(しかし、この仕事はぶっちぎりで楽だったらしい。ドイツ人はユダヤ人の便所など滅多に見回らなかったからである)

舞台は1944年の春~秋頃と思われ、時期的にアウシュビッツではハンガリーのユダヤ人であふれ返っていた。ハンガリー系ユダヤ人のゾンダーコマンドが叛乱を起こすまでを描いた映画である。それだけの話なのだが、アウシュビッツの地獄の世界がかなりリアルに再現されている。とても下品で残酷でむごい映画である。

原作はアウシュビッツの「死の天使」、メンゲレの助手を務めたユダヤ人、ニヒリス医師の手記である。ガス室から生き残った少女を救うために葛藤する、ゾンダーコマンドたちの人間模様も見所だ。

しかし、恐ろしく暗い映画で、精神衛生上の危機をもたらすが、下手に家族愛やヒーロー性を持ち込んで陳腐化するよりずっといいのではないだろうか? というわけでお勧めの映画。

灰の記憶


ホロコースト~アドルフ・ヒトラーの洗礼~/Amen(2002)

Amen

ナチスのホロコースト政策を、世界中の国々はどう見ていたのだろうか?

実はアメリカもソ連もイギリスも、ユダヤ人が大量にかきあつめられて殺されていることをほぼ知っていたとされる。絶滅収容所の存在さえ暗黙知であった。巨大な煙突から四六時中煙が立ち上っているのを、アメリカ空軍は何度も目撃していた。しかし、誰も救おうとはしなかったのである。

カトリックの総本山、ヴァチカンのローマ法皇も同様であった。ヒトラーが何をしているのか知っていた。知っていて、戦後は戦犯の南米や中東への逃亡を手引きしたのである。

ヴァチカンにとって、共産主義者やユダ公は憎き怨敵であった。それをきれいに片付けようとしているナチスドイツを、ヴァチカンが助けないわけがない。ナチの傀儡国家クロアチア独立国では、カトリックから送り込まれた僧兵が、ユダヤ人やセルビア人の絶滅政策に自ら手を貸していたという。文字通り機関銃を乱射して。

ナチスとヴァチカン、両者の利害は反共と反ユダヤという点では、ほぼ一致していたのである。

この映画は、おそらくそれを告発しようとした映画だ。SSの技術者ゲルシュタインと法皇の秘書官リカルドが、なんとかホロコーストを世界に知らしめようと奔走するのだが……。

普通のヒーロー映画ならば、神の愛が二人の主人公を祝福したであろう。しかし、もしも神の御心が反共と反ユダヤという憎悪で一色に染まっていたならば……。

異常に救いのないラストで、ホロコースト政策がキリスト教社会の人民の総意だったのだ、ということがよくわかる。憎悪に染まった欧州の闇の歴史を垣間見れる怪作だ。

ホロコースト アドルフ・ヒトラーの洗礼


サウルの息子/Son of saul(2015)

son of saul

「ニーチェの馬」のタル・ベーラの助監督を務めた、ハンガリーのネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作である。「灰の記憶」と同様に末期のアウシュビッツを描いた映画だが、「灰の記憶」は言葉が英語だったのだが、これはユダヤ人たちがハンガリー語やイディッシュ語やドイツ語を状況によって使い分けている。

また、アウシュビッツの看守たちは、実際ウクライナ傭兵がかなり多かったのであるが、これはなんとそれらウクライナ兵にもウクライナ語やロシア語を喋らせている。ドイツ将校はちゃんとドイツ語を喋る。ポーランド語を喋る囚人もいる。ロシア語を喋るソ連兵POW(捕虜)もいる。言語だけでもアウシュビッツの世界の複雑さを知ることができる。

ユダヤ人雑用班のゾンダーコマンドが主人公。カメラは徹底して彼の目線で描かれる。ドイツ将校やウクライナ傭兵と絶対に目を合わせないように、常に彼の目線は伏し目がちである。彼らと目があえば、いきなり銃殺されたり拷問されたりするのがごく当然の世界だったのである。

同様にして、彼の周囲では筆舌に尽くしがたい残虐行為のオンパレードなのだが、彼は目を背け、下を向き、息子を埋葬するためにラビ(司祭)を血眼になって探す。それだけの物語だ。

決して重要なシーンをカメラの中央にとらえない撮影方法は、アレクセイ・ゲルマンの「神々のたそがれ」のようでもある。その分、人々の悲鳴や、多種多様の言語の交錯、銃声、炎のゆらめきなど、音響が雄弁に状況を物語っている。

アウシュビッツという名の地獄巡りを追体験できる映画だ。ぜひ大音量で体験してほしい。


ホロコースト映画と言えば、家族で一緒に観て、お手軽に感動をむさぼるジャンルとなってはいないだろうか?

しかし、本来、ホロコースト映画で描かれる現実は子供に見せられるようなものではない。今回紹介した映画は、是非お一人様でじっくり観賞してほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク