【大量銃殺】共産主義政権の犯罪を告発する社会派映画10選!【強制収容所】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

ナチスと並ぶ危険思想、共産主義。今でこそ下火だがちょっと前まで世界を二分する一大勢力であった。ソ連崩壊後も中国共産党や朝鮮労働党など、共産主義を標榜する国家は存在し、特に北朝鮮は21世紀においてもテロリズムに頼る性格を隠そうともしない。

今回は主にソ連崩壊後に自由な言論の中で製作された、共産主義政権を告発する社会派映画を集めた。


カティンの森/Katyn(2007)

katyn

ポーランド映画界の巨匠アンジェイ・ワイダ監督作品。

第二次大戦中、ソ連はドイツとポーランドを分割占領し、ドイツ軍に敗れて落ち延びたポーランド将校を苦も無く大量に捕虜とした。ソ連秘密警察NKVDは、市民や軍を対象とした大規模な階級テロを行い、スモンレンスク近郊のカティンの森などいくつかの処刑場でポーランド将校を大量銃殺し、ドイツの犯行に見せかけた。被害者は20000~25000人に及ぶと推定。ポーランド将校の家族30万人も、主にカザフスタンの収容所へ追放され、そのまま放置された。

この映画は独ソに分割され、両国からテロを受けたポーランドの抗議の意志がこもった映画で、巨匠らしい重厚で大人っぽい映像に、しっとりとしたドラマが描かれている。

後半部分はNKVDによるシステマチックで機械的で感情のこもらない大量銃殺が描かれており、これは大変にショッキングな観賞要注意シーンだ。最後の将校が銃殺され、ブルドーザーで無造作に土をかぶせられる将校たちの無念の姿に言葉を失う。

その後画面は暗転し、レクイエムが奏でられ、無音のスタッフロール。観ている貴方もきっと無言になるだろう。
カティンの森


9000マイルの約束/So weit die Füße tragen (2001)

9000

敗戦後のドイツ国防軍の将兵が、ソ連の捕虜収容所に大量に移送され、劣悪な環境で病や飢餓に苦しみ、多くの人々が死んでいったことはいわば隠された歴史である。

スターリングラード戦で生き残った9万余の捕虜で、生きて故国の土を踏んだのはわずか6千人であった。スターリングラードの悲劇は、戦後もロシア全土で繰り返されたのだ。ドイツがソ連で行ったことを考えれば、それは当然の報いだったかもしれない。しかしヒトラーの罪を背負わされた人々の中には、きっと祖国に家族を残し、無実の者もいたに違いない。

この映画は、ソ連の劣悪な捕虜収容所から脱走した元ドイツ兵が、9000マイルの道のりを歩いてドイツへ帰還した実話をもとに製作されている。ソ連捕虜収容所で行われる虐待や拷問の描写は必見。あとは過酷なサバイバルを描いた映画で、美しいが厳しいロシアの大地が活写されている。

9000マイルの約束


捕虜大隊 シュトラフバット/Штрафбат (2004)

horyo

第二次大戦中もNKVDはしっかりお仕事をし、軍を監視して臆病者や逃亡兵を政治犯収容所へ送っていた。そんな中、ソ連軍内部には懲罰大隊と呼ばれる犯罪者のみで構成された部隊が何百もあって、総攻撃の露払いや、地雷原の撤去作業、危険な陽動作戦や勝てる見込みのない防衛線に真っ先に駆り出され、全部死のうが上は知らん顔であった。

死んで初めて栄誉回復・・・されるとは限らず、家族を人質にとられた懲罰兵は文字通り死ぬまで戦っても報われたとは言い難かった。

この映画は全550分ぐらいのロシアのテレビシリーズで、非常に乾いた淡々とした描写で、感情の起伏を極力抑えた演出が大人向け。しかし、スターリンの鉄の拳に粉砕され、苦渋に喘いだ様々な階層の人々の人間模様は大変奥深く、興味深く観ることができる。戦闘シーンも派手さはないがぶっきらぼうで生々しく、リアルである。

捕虜大隊 シュトラフバット


Чекист (1992)

chaka9
タイトルは「チェキスト」を意味する言葉である。ロシア革命初期に暗躍したチェーカー(反革命・投機及びサボタージュと闘う全ロシア非常委員会)隊員のことだ。

チェーカーが極悪だといわれるゆえんは、誰が罪人かを即決する権利と、拘禁し、追放し、銃殺する権利を全て単独で保有していたからなのだ。したがって彼らを止めることができる者はおらず、権力が暴走し、ロシア全土が処刑場へと変わった。

これは冒頭からラストまで、裁判権、逮捕権、銃殺権の三つを単独で保有していた・・・ってことが馬鹿にでもわかるように、同じシーンの繰り返しである。チェーカーの幹部たちが名前を読み上げ、「銃殺」「銃殺」「銃殺」・・・って無表情で型通りの即決裁判をしているのだが、被告人も弁護人も裁判官もなし。文字通り警察が銃殺する人間を決めてリスト化しているのだ。身も震える恐ろしいシーンである。その後は拘禁した人々を地下処刑場に連行し、全裸にひんむいて銃殺するのだ・・・これを延々繰り返すだけの映画。

異常な映画である。この映画は18禁かどうかなど知らないが、確実に18禁、、というか健全な青少年はまず観るべきでない映画の再筆頭だ。「正常人禁」を提唱したい。しかし、見方によっては葬られつつあった血塗られた歴史に切り込んだ意欲作、ということもいえると思う。西側ではどうもカルト化しているようだ。よほどの映画マニア、歴史マニアにだけオススメしておきたい。繰り返すが、「正常人禁」だ。


善き人のためのソナタ/Das Leben der Anderen(2006)

good

東独秘密警察。東ドイツの国家保安省。通称”シュタージ”。その異様極まる監視社会とそれに苦しむ草の根の人々の姿を描いている。とても率直に描かれており無駄も少ない映画で、テーマの割には大変みやすい。

主人公が監視する側の諜報員であるため、その内情について詳しい取材が行われている。やっぱこういうのは加害者を主役にした方が面白く感じる。

ある作家とその恋人。恋人は有名女優で作家は反社会主義的態度を疑われている。この二人にシュタージの監視がつき、部屋に盗聴器をしかけられ、恋人は高官に目をつけられて性的搾取を受ける。作家の安全と引き換えに女は体を許す。

世界は停滞し、人々はその原因が身内にあると信じて騙し合い貶め合う。真に暗き日々。

東独秘密警察の監視体制は極めて完成されたものであったらしい。ドイツ人的緻密な仕事の集大成だったともいえるだろう。シュタージには正規職員以外に多数のアルバイトが網の目のように市民の生活に溶け込んでいた。アルバイトもまた市民であり、市民がお互いを監視していたのだ。市民がかつてないほど完成度の高いとされる秘密警察機構に貢献していたのである。この映画にはその一端も描かれている。

善き人のためのソナタ


トンネル/Der Tunnel(2001)

tunnel

東独はいまだに謎の多い不思議の国で、映画で描かれることもあまり多くないと思うのだが、この映画は正統派の映画で、東独の支配体制に苦しむ人々が、西側へ地下トンネルを掘って亡命しようとする話をハラハラドキドキの娯楽兼社会派映画に仕立てている。

監督はのちにドレスデン大空襲を描いた「ドレスデン 運命の日」なども撮ったが、そこでも性急な恋愛模様やややご都合主義的な展開など、堅苦しすぎず観れる作品作りがウリだ。
トンネル


尋問/Przelichanie(1982)

interrogation

ポーランドはソ連によって解放されてからは赤化し、ずっとソ連の良き相棒となっていた。つまり民衆を抑圧し、情報規制し、監視社会を作って市民にテロを行っていた。

1982年ポーランド映画。ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダが製作総指揮を務めた映画が、製作当時は当局の許可を得られず91年に劇場で初公開された。
共産主義独裁時代のポーランドにおいて、無実の罪で保安部に連行されたある女の話。

これはきつい映画!海の向こうでは18禁らしい。
でもなぜかカンヌ国際映画祭で賞をとっているらしい(謎)。というわけで観賞要注意。

拷問メニューはバラエティ豊富で、殴る蹴る、小便飲ませる、水牢に閉じ込めて眠らせない、裸にして見世物にする、犯す、銃で脅す、・・などなどゲシュタポもビックリである。
そしてこの女の人が強情に自白を拒むので拷問映像のオンパレードになってしまっている。
全ては無実の罪を自白させるため、そしてその供述書に署名をさせること、そうすることによって際限なく米帝のスパイを作り上げては粛清していた時代があったのである……。こんなことに国費を使い込んでりゃ滅びて当然だ……。


クロッシング/ 크로싱(2008)

clossing

朝鮮の貧乏な労働者が、残酷な政治体制の下でどのように苦しめられていくのか、その実況中継をジックリネットリみせてもらえる映画である。あまりありそうでなかったな、こういうの。

中盤、北朝鮮の悪夢のごとき強制収用所の様子が描かれている。不潔だし意味もなくどつかれるし、ネズミあり虐待あり飢餓あり思想教育ありといったあんばい。

特に印象に残ったのは、中国人の子供を身ごもって強制送還された、朝鮮人女性だが、臨月を迎えた大きなお腹で劣悪な収容所にぶち込まれたのだろう。看守は「その雑種をどうするつもりだ!」と腹をぶん殴るの。なんて直球な暴力…唖然としました。もはや社会主義などどこにも存在せず、歪んだ純血主義に支配された狂気の閉鎖国家の一端が伺えるシーンだった。

クロッシング


無言歌/夾辺溝(2010)

mugon

無言歌…
すごいタイトルだ。どういう意味かはわからなかったが、観て納得はさせられた。ハッピーな映画ではない。

中国の右派闘争というものをおれはよく知らなかったんだが、これほんとか?

1949年、中華人民共和国を建国した毛沢東は独裁体制を布く。しかし、56年にソ連でスターリン批判が始まったことも契機となって、毛沢東は「共産党への批判を歓迎する」と「百花斉放・百家争鳴」と呼ばれる運動を推進。これ以後、知識人の間で中国共産党に対する批判が出始めるようになった。しかし、57年6月、毛沢東は人民日報に「右派分子が社会主義を攻撃している」という社説を掲載し、突如、方針を変更。ここから一気に、それまで党を批判した人々を容赦なく粛清する「反右派闘争」が始まった。右派分子とされた人々が収容された再教育収容所では、ちょうど59年から61年にかけての「大躍進政策」のもたらした飢饉の時期と重なったため、多くの死者を出した。78年以降、多くの「右派」の名誉回復を行ったが、いまだ名誉回復されない者も多い。
公式ホームページより

飢餓と寒さと惨めな内ゲバと。
公安局や官僚や党員の奴隷として苦しめられる人々の姿。

これはやはりスターリンがウクライナで引き起こした飢餓ジェノサイドを連想させる。既視感のあるやり方。人間の思想を検閲してレッテル貼りして撲滅する。証拠は密告一本でいい。共産党の常套手段である。

人間の醜さ、業を描きつつ気高さをも描くこの映画。こう書くと「夜と霧」のような文学作品にも通じる普遍的テーマかもしれない。人は獣のようなものだが、本当に獣になりきることもまたできない。人には心があるからである。

だがこの映画を観て「ああやっぱり人って美しい生き物なのね!夫の遺体を探し続ける妻の美しい姿!アタシでもそうするわ!ああいい映画!あっ!いけない!約束に遅れちゃうワ!」パタパタパタ…バタン(家を出て行く音よ)

・・となるとしたら、あなたはこの映画を観た意味はまったくない。この映画が一番言いたいことは、このような非道な政治体制の独裁国家がいまだ世界に大きな影響力を持ち、反体制派を残虐な強制収容所で血の海に沈め続けていることである。

このことに想いをはせられないのであれば、この映画を観た意味もないし、この収容所で死んでいった人々も浮かばれない。是非もう一歩深く考えて欲しいと思う。

無言歌


Horodomor(1991?)

horodomor

1932年~1933年の間に、ウクライナはソ連の秘密警察OGPUと労農赤軍によって完全に包囲され。執拗な食糧徴発と集団農場によって少なくとも500万人が人為的な飢餓に追い込まれて餓死させられた。これは20世紀におけるもう一つのホロコースト、或いは「ホロドモール」と呼ばれる共産政権による最も重い犯罪である。

この映画は上の「Чекист」同様にソ連崩壊直前に制作されたと考えられるロシア(ソ連?)映画だ。スターリン体制化におけるもっとも凶悪な赤色テロを告発した超シリアスドラマだ。カラーや白黒やセピア調に変化する前衛的な映像美と、異常なまでに救いのないストーリーは、ロバート・コンクエストの「悲しみの収穫」でより詳しく補完できる。

現実に起こったこととは信じられない恐るべきテロだが、これは単なる一端に過ぎず、古くはレーニンの頃から戦時共産主義と呼ばれる時代に余剰食糧徴発作戦は繰り返され、その時も多数のウクライナ農民が餓死させられた。スターリン死後も毛沢東や金日成、ポル・ポト、北ベトナム政権などにより、強制移住や集団農場、食糧徴発などにより飢餓はテロに利用され、膨大な虐殺スコアをはじき出した。その数は一億人に迫ると推定される。

ホロドモールが描かれた映画は数少ない。その時代に何が起きたのか、我々は知ることでしか対策を立てられない。このような愚かなことは二度と繰り返してはならない。


いかがでしょうか?

いずれも強烈な映画ばかりです。

超真剣な映画ばかり集めてみました。

共産主義は恐ろしいですが、かつては世界を二分する一大勢力だったのです。

数々の粛清と銃殺と追放と飢餓により政敵を抹殺し、パワフルな国を作り上げていったのです。

これが正しいことだったのかどうか、各人で考える必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク